ホーム > 製品情報 > 一般家庭向け > 見守りシステム『親子のドアシル』> 特徴

一般家庭向け見守りシステム

見守りシステム『親子のドアシル』

特徴

離れて暮らす高齢のお父様やお母様のことが心配ではないでしょうか。特に一人暮らしの高齢者の場合、万が一の病気や怪我で連絡できない事例が多々あります。『ドアシル』は各種センサを応用した高性能・低価格な見守りシステムです。家族に代わって体調不良や万一の事故から高齢者や要介護者の見守りを行います。

無線通信だから設置が簡単!

ドアセンサ子機と親機の間は無線で通信を行うため、設置の自由度が高まります(焦電センサ子機は親機に接続)。焦電センサとドアセンサの組み合わせで異常を検出するので万が一の場合でも安心です。


低価格!

他社の見守りシステム・見守りサービスと比較してみて下さい。高性能焦電センサとドアセンサが標準装備でこの価格です。セキュリティ会社の見守りサービスのように月額費用も発生しません。


見守り機能

最新のセンサが家族に替わって24時間365日、被介護者の状態を見守ります。被介護者が体調不良や不慮の事故等による怪我で身動きができなくなった場合、あらかじめ設定された時間が経過すると、登録先の介護者に連絡を行います

ドアシル
ドアシル
ドアシル
ドアシル
ドアシル
ドアシル


連絡ボタン

被介護者が体調不良や転倒等による怪我で家族や介護者の連絡が必要な場合、端末又は、本体の連絡ボタンを押すことで登録先の介護者に連絡を行います。