ホーム > 一般知識 > 認知症に関して > 認知症の予防

認知症の予防

食事

アクアパッツァ(地中海料理)[1]

魚のオリーブ油煮が認知症の予防につながるそうです。魚のオリーブ油煮とは今風に言うとアクアパッツァのことです。 地中海料理を普段食べている人は認知症発症リスクが54%低下したという結果が出ています。
理由は魚のDHAとオリーブ油のオレイン酸にあるそうです。魚のDHAは脳を活性化し、オリーブ油のオレイン酸は認知症を防止する作用があるそうです。

作り方はこんな感じです。魚は白身の切り身でかまいません。たっぷりのオリーブオイルを使うのが秘訣です。

アクアパッツァ


赤ワイン[3]
赤ワインをグラスに1杯~2杯、それを週に3回以上飲酒の習慣がある人は習慣がない方に比べて認知症の発症率が半分以下になるという結果が出ているそうです。 赤ワインに含まれているポリフェノールが脳の海馬の活性化を促すという推測がされています。赤ワインは適度に飲むことで高血圧の予防にもなるそうなので、それが原因かもしれません。
但し、あくまでも適量が大切です。飲み過ぎが身体に悪いのは周知の事実です。
赤ワイン


乳製品[4]

九州大学大学院医学研究院の研究によると、牛乳や乳製品をよく食べる人の方がアルツハイマー病になりにくいそうです。
福岡県久山町で行われた研究では、牛乳なら1日コップに1杯飲むとアルツハイマー病になるリスクが30%減るとの結果が出ているそうです。

乳製品


ガム[1]

ガムをかむことで認知症の予防につながるという研究結果が出ています。ガムをかむことでアミロイドβを排出している可能性があるそうです。

普段の食事でも1回の咀嚼に10回程度多くかむことで同様の効果が期待できるそうです。



運動

歩き方[1]

歩幅の狭い人は認知症リスク3.4倍悪化するという結果が出ています。これは、歩幅を広くすることで普段使わない脚の筋肉の刺激になり認知症に予防になるそうです。
普段から運動を実行し、普段と異なる筋肉を使うことで認知症を防ぐことが可能となります。



新聞紙破り[2]

椅子に座って、床に広げた新聞紙を足の指で新聞紙を破いて下さい。単に破るのではなく、櫛のようにできるだけ細く一列に破きます。破ききるのではなく、あくまでも櫛のように根本の部分は残すようにします。
普段使わない足の指を使うことで脳の活性化を図ります。





病気

病気による認知症リスクの悪化[1]

最新研究機関の報告によると

高血圧:認知症リスク2倍
糖尿病:認知症リスク2倍

になるそうです。まずはこれらの病気にならないようにすることが認知症予防にもつながります。

又内蔵脂肪が増えると脳の働きが低下するという研究結果もあります。太り過ぎも認知症には良くないそうです。同じ肥満度でも、全体的に太っている人よりも、お腹がポッコリ出てる腹部肥満の人のほうが、認知症を起こす確率が30%高くなるそうです。 米国の研究でも中年期に腹部肥満だった人は、高齢期以降に認知症を発症するリスクが2~3倍高くなること明らかになっています。

腹部肥満が認知症のリスクを高める理由として、海馬が記憶を処理する際にも必要とされるタンパク質は、肝臓が腹部の脂肪を燃やすためにも用いられます。 腹部に大量の脂肪がある場合、先に腹部の脂肪燃焼に使われるため、結果的に脳の記憶形成が妨げられ認知症になるという推測があるそうです。



嗜好

アロマによる認知症予防[2]

アロマを嗅ぐことにより認知症予防ができるそうです。認知症は嗅神経から始まると言われています。嗅神経を刺激することで認知症の進行を抑えることができるそうです。 ただ、どんな香りでも良いわけではなく、ローズマリカンファーとレモンを2対1で配合したものが最適だそうです。日中に2時間アロマの匂いを嗅ぐことで認知症患者の8割に改善がみられたそうです。



睡眠

昼寝[2]

昼間に15分昼寝をすると認知症予防になると言われていいます。アミロイドβは睡眠の間に溶けて対外に排出されます。午前中溜まったアミロイドβを昼寝で対外に排出することができます。 但し時間は15分が理想です。逆に60分以上昼年をすると認知症リスクが高まると言われています。



脳トレ

トントン&スリスリ[1]

左右違う動きをすることが脳のトレーニングになります。

椅子に座って右手で太ももをトントンとたたく、左手は太ももをスリスリする。

繰り返します

チェンジの合図で

左手で太ももをトントンとたたく、右手は太ももをスリスリする。

に替える。





グーとパー[2]

右手を前に突出し、手の平をパーにする。
左手を胸元に置き手のひらをグーにする。
次に
左手を前に突出し、手の平をパーにする。
右手を胸元に置き手のひらをグーにする。
を繰り返す。
チェンジの合図で
右手を前に突出し、手の平をグーにする。
左手を胸元に置き手のひらをパーにする。
次に
左手を前に突出し、手の平をグーにする。
右手を胸元に置き手のひらをパーにする。
失敗してもチャレンジすることが大事





チョキとピストル[2]

右手をチョキ
左手を親指と人差し指をたてて(ピストルに形)体の外に向ける
次に
左手をチョキ
右手を親指と人差し指をたてて(ピストルに形)体の外に向ける
を繰り返す





[1]テレビ朝日 林修の今でしょ!講座 3時間スペシャル 2015年09月08日

[2]TBS サタデープラス 2015年10月24日

[3]TBS ジョブチューン 2015年07月04日

[4]日本TV 世界一受けたい授業 2015年02月21日

一般知識

見守りシステム

認知症に関して