MCIの早期発見のお手伝い|『介護のケアシル』

介護のケアシルとは?

ケアシルとは

介護保険制度の改定に伴い、軽度者向け公的介護サービスは縮小方向となってきています。 『介護のケアシル』は、一人暮らしの要支援・要介護1,2の方に向けた在宅介護支援システムです。 ケアシルは、日々の見守り機能に加えて、押しボタンを用いた服薬管理や食事管理機能で在宅介護の手助けを行います。

『介護のケアシル』は、介護事業者や家族の在宅介護の負担軽減を図ります。

ケアシルのしくみ

『介護のケアシル』は高齢者宅に置かれる本体装置とクラウドシステムから構成されます。 本体装置には各種センサが搭載されており、高齢者の24時間365日の見守りを行います。

決まり事として本体装置の各種ボタンの押下を行っていただくことで、規則正しい生活を促し、認知症の予防につなげます。 又、MCI、認知症発症の方に対してはその進行の抑制につなげます。

離れて暮らす家族や介護者は、電子メールやクラウドへアクセスすることで、要支援・要介護者の日々の生活状況の確認が簡単に行えます。

主な機能と特徴

起床時間確認



起床時間の乱れは生活の乱れに繋がり、認知症の発症リスクのアップとその進行に影響を与えます。 お早うメッセージとボタンを押下により規則正しい生活を促し、認知症リスクの改善を行います。

服薬管理機能



決められた時間になると音声メッセージにより服薬の促しを行います。 この服薬促しメッセージによりお薬の飲み忘れを防止します。 被介護者様は服薬完了後にお薬ボタンを押して頂きます。 お薬ボタン押下有無により家族の方や介護者は服薬状況の確認ができます。

ご飯時間確認



朝・昼・夜ご飯の食後にご飯ボタン押下を促す音声メッセージが流れます。 被介護者様は食後にご飯ボタンを押して頂きます。 規則正しい食事の摂取を促すことで生活リズムの安定を図ります。 ご飯ボタン押下有無により家族の方や介護者はご飯の摂取有無や時間の確認ができます。

体操促し/脳トレ促し機能



NHK TV体操の時間に体操促し音声メッセージが流れます。毎日の適度な運動により、認知症予防と進行の抑制が期待できます。 設定された時間になると脳トレ本による脳トレを促すメッセージ流れます。日頃から脳を鍛えることで認知症予防と進行を抑制します。

活動量チェック



人感センサと外出ボタンにより活動量を数値化します。 人感センサの反応回数と外出状況により引きこもり状況が確認できます。 一つの人感センサが多くの反応を示すということは、同じ部屋に引きこもっていることが判ります。 又、外出ボタンの押下回数減少は引きこもり・社会からの孤立といった状況を示しています。 更に活動時間の状況を解析することで昼夜逆転・トイレ覚醒の増加といった認知症の前兆を見つけることも可能です。

24時間365日の見守り



人感センサ、ドアセンサを利用して長時間反応が無い等の異常状態となった場合、家族やあらかじめ登録している協力者の方へ通報します。 又、照度センサを用いた、深夜での照明点灯を検出して通報することも可能です。
電子メールの連絡先は最大8件まで登録可能です。

熱中症予防



高齢になるほど暑さに対して鈍感になる一方、体力は落ちてくるため、熱中症に対して特に注意が必要です。 高齢になると冷房に対して否定的な考えを持つ方も多く、冷房を付けるタイミングが遅れる場合が多々あります。 アイシルは温度センサを内蔵し、熱中症の可能性が高くなった場合に音声による冷房の促しメッセージを出力し、熱中症予防を行います。

徘徊検知



ドアセンサを用いた徘徊検知機能を搭載しています。ドアの開閉を検知すると、音声メッセージや電子メール送信で被介護者の徘徊を介護者に通知します。

クラウドによるユーザインターフェース



パソコンやスマホのブラウザを用いることにより、いつでも、どこからでもクラウドデータにアクセスが可能です。レスポンシブデザインを採用しており、スマホからでもストレスなく、直感的な操作が可能です。 クラウドシステムでのデータ管理の為、ご家族様と介護事業者様でデータの共有が可能です。

過去と現在データの違いを判り易く表示



見守りによる生活状況把握と認知機能の変化をご確認出来ます。日々の生活状況とボタン操作状況の集計をグラフで表示し、3か月・半年・1年…過去と現在のデータを簡単に比較することができます。気付きづらい小さな変化を可視化することで認知症の進行状態を把握することができます。

介護のケアシル活用例

訪問介護事業者の場合

訪問介護員、ケアマネージャー様の負担軽減と付加価値を提供します。『介護のケアシル』を、訪問時間外の生活状況の確認や訪問担当員間の生活状況情報の共通把握ツールとして使用します。ケアシルの音声による服薬・食事管理によって、薬の飲み忘れ防止が期待でき、訪問時間の削減につなげることができます。お薬ボタンやごはんボタンの操作状況をクラウド画面から確認することで服薬忘れやご飯の不食に電話連絡を行い、服薬や食事を促すことが可能となります。

一人暮しの高齢者を持つ家族様の場合

『介護のケアシル』を導入することで、一人暮らしの高齢者様の見守りを行いながら、認知症の早期の気づきを実現することができます。実家から離れて暮らす子供家族は、親御様の生活状況やMCIの進行度合いの把握が可能となります。一方、一人暮らしの高齢者は生活リズムの維持、服薬管理、脳トレや体操を行うことで、認知症発症リスクを削減します。 クラウドシステムでは、高齢者の活動量の推移や、薬の飲み忘れ、ボタンの押し忘れ等の状況が判りやすく表示され、子供家族が異常に気付いた場合は、連絡を取るなどのきっかけづくりを行います。『介護のケアシル』は単に見守りや認知症の早期発見を行う装置ではなく、離れて暮らす親子の絆を深めてもらうコミュニケーションツールの一つとして機能します。

よくあるご質問

A.モバイルルータがセットになっています。インターネット工事無しでご利用いただけます。
(モバイルルータ無しオプションもございます。)

A.最大8件まで登録可能です。それぞれに、起動通知、連絡通知、見守異常通知、定時の状況通知のオフ/オンが設定可能です。

A.パソコンやスマフォを使って、ケアシルに直接ネットワーク接続して設定を変更することが可能です。又、離れた家族の方はクラウドサーバにアクセスすることで設定変更が可能です。

A.端末からのデータ及びクラウドシステムの通信もSSLで暗号化されています。又弊社は一般財団法人日本情報経済社会推進協会(http://www.jipdec.jp)認定の『プライバシーマーク』取得企業で情報の管理もご安心頂けます。

お申し込み・お問い合わせ

お電話によるお申し込み、お問い合わせ

午前9:00 ~ 午後5:00(土・日・祝日、お盆、年末・年始、ゴールデンウィークを除く)
番号お確かめの上、おかけ間違いのないようお願いします。

フォームによるお申し込み、お問い合わせ

以下のボタンからお申し込み、お問い合わせ情報を入力下さい

■お申し込みタイプ
■お名前
■ふりがな
■郵便番号(半角数字で記入して下さい)
■ご住所
■電子メールアドレス
■電話
■連絡事項 任意アイコン
■個人情報の取扱いについて


※このページでは入力内容を送信いたしません。データ入力後、内容確認のページに進んで下さい。





㈱アイトシステムへのリンク

ページのトップへ戻る