アイシルの熱中症予防機能について解説します。|『見守りプラス認知のアイシル』

熱中症予防


高齢になるほど暑さに対して鈍感になる一方、体力は落ちてくるため、熱中症に対して特に注意が必要です。 高齢になると冷房に対して否定的な考えを持つ方も多く、冷房を付けるタイミングが遅れる場合が多々あります。 アイシルは温度センサを内蔵し、熱中症の可能性が高くなった場合に音声による冷房の促しメッセージを出力し、熱中症予防を行います。

熱中症対策




室内の温度が設定された温度以上になると、エアコンの利用を促すメッセージを出力します。

『部屋の温度が上がっています。エアコンを点けましょう』

メッセージは室内の温度が下がるまで繰り返し出力されます。

更に、温度が上昇し、異常通知の閾値を超えた状態で人感センサの反応が一定時間継続した場合、ブザーが鳴動し、温度異常状態を家族や介護者に対してメールで通知します。







㈱アイトシステムへのリンク

ページのトップへ戻る