アイシルの服薬管理機能について解説します。|『見守りプラス認知のアイシル』

服薬管理機能


アイシルを使えば効率的に服薬の管理が可能です。 声掛け機能が搭載されており、薬の飲み忘れを防止できます。 又、お薬ボタンを押下することで家族や介護者が服薬したことを確認することができます


アイシルで管理できるお薬の服薬タイミングには以下のものがあります。

朝食前食間
朝食 食前
朝食 食後
昼食前食間
昼食 食前
昼食 食後
夕食前食間
夕食 食前
夕食 食後
就寝前


どのタイミングで服薬管理を行うかは自由に設定可能です。利用者の服薬状況に応じて選択して下さい。



お薬ボタン




服薬する時間になると、お薬の服薬を知らせるLEDが点滅します。 この状態でお薬ボタンの押下がないと、一定時間経過後、お薬の服薬を促す音声メッセージが出力されます。

『お薬飲みましたか?お薬ボタンを押して下さい』

音声メッセージはお薬ボタンが押されるまで繰り返し出力されます。

お薬ボタンが押されると次の服薬タイミングを知らせるメッセージが流れ、お薬の服薬忘れを防止します。






㈱アイトシステムへのリンク

ページのトップへ戻る