アイシルのユーザインターフェースを解説します。|『見守りプラス認知のアイシル』

ユーザインターフェース


パソコンやスマホのブラウザを用いることにより、いつでも、どこからでもクラウドデータにアクセスが可能です。 レスポンシブデザインを採用しており、スマホからでもストレスなく、直感的な操作が可能です。


パソコン画面でのUI


クラウドアクセスはWebブラウザでアクセスします。 個人の認証は、ユーザIDとパスワードで管理されます。 クラウドログイン後の画面では現在の状況が一目で判るデザインになっています。

スマホ画面でのUI


スマホのブラウザからクラウドアクセスを行います。 レスポンシブデザインを採用しており、スマホ画面でもPCと同じ感覚でストレスなくアクセスできます。






㈱アイトシステムへのリンク

ページのトップへ戻る