24時間365日の見守りの方法を解説します。|『見守りプラス認知のアイシル』

24時間365日の見守り


現在、高齢者のみ世帯が急速に増加しており、見守り業務は益々、その重要性が増しています。 地域により対応は様々ですが、定期的な訪問・電話連絡による見守りが主流となっています。 しかし、孤独死を防ぐ(早く発見する)ためには24時間365日見守る仕組みが必要です。 アイシルは24時間365日の見守りにより、高齢者の方が住み慣れた町で、安心・安全に暮らせる環境を支援します。


アイシルの見守りの方法には以下のものがあります。

人感センサによる見守り 人感センサによる反応が無い状態が継続した場合に異常と判断します。
ドアセンサによる見守り ドアセンサによる反応が無い状態が継続した場合に異常と判断します。
照度センサによる見守り 深夜での照明が点灯した状態が継続した場合に異常と判断します。
温度センサによる見守り 室内の高温状態が継続した場合に異常と判断します。


人感センサによる見守り


人感センサによる反応が無い状態が設定された時間以上継続した場合に異常と判断します。

ドアセンサによる見守り


ドアセンサによる反応が無い状態が設定された時間以上継続した場合に異常と判断します。

照度センサによる見守り


深夜での照明が点灯した状態が継続した場合に異常と判断します

温度センサによる見守り


室内の高温状態が継続した場合に異常と判断します。


熱中症予防も参照下さい。


各見守りの有効/無効、アラーム音の有無、メールの送信方法等自由に変更できます。利用者の生活状況に応じてカスタマイズ可能です。



連絡ボタン




緊急時、連絡ボタンを押すとブザーが鳴ると共に、登録されている家族や介護者に連絡メールを送信します。
連絡ボタンの使い方として、ブザーを鳴らさないようにして、緊急時だけでなく普段の連絡ボタンとして利用することもできます。



アラーム時の連絡方法


異常検出時、家族や介護者に対して電子メールで通知を行います。



定時状況通知


前日のセンサ反応状況、異常の検出状況、ボタン押下状況をまとめてメールで通知を行います。 メールの送信時刻はクラウド画面から変更可能です。






㈱アイトシステムへのリンク

ページのトップへ戻る