MCIの早期発見のお手伝い|『見守りプラス認知のアイシル』

見守りプラス認知のアイシルとは?

アイシルとは?

『見守りプラス認知のアイシル』は見守り機能に認知症予防対策を搭載した高齢者支援システムです。 センサを用いた24時間見守り機能に加えて、押しボタンを用いた認知症の早期気づき機能を搭載し、早期認知症(MCI)の早期発見につなげます。

家族の愛を知ってもらうという意味をこめてアイシルと名付けました。

アイシルのしくみ

『見守りプラス認知のアイシル』は高齢者宅に置かれる本体装置とボタンモジュール及びクラウドシステムから構成されます。本体装置には各種センサが搭載されており、高齢者の24時間365日の見守りを行うと共にクラウドシステムにデータを蓄積します。
本体装置に接続されるボタンモジュールの押しボタンを日常の決まり事として押して頂きます。朝起きた時には、『おはようボタン』を、お薬を服用時には、『お薬ボタン』を、食事を取ったときには、『ご飯ボタン』といった具合です。
これらセンサ情報と、ボタンの押下情報はクラウドシステムに蓄積され、高齢者様の生活リズムの解析を行い、又過去のデータと比較を行うことで、認知症の前兆を見つけ出し、認知症の早期発見につなげます。

クラウドシステムのデータは本人はもちろんのこと、家族様や協力者様がパソコンやスマフォを用いていつでもどこからでもアクセスが可能です。

主な機能と特徴

24時間365日の見守り



各種センサを利用して長時間反応が無い等の異常状態となった場合、家族やあらかじめ登録している協力者の方へ通報します。
現在、高齢者のみ世帯が急速に増加しており、見守り業務は益々、その重要性が増しています。地域により対応は様々ですが、定期的な訪問・電話連絡による見守りが主流となっています。
しかし、孤独死を防ぐ(早く発見する)ためには24時間365日見守る仕組みが必要です。
アイシルは24時間365日の見守りにより、高齢者の方が住み慣れた町で、安心・安全に暮らせる環境を支援します。

認知症の早期発見支援



本体装置に搭載された各種センサーとボタンモジュールの押しボタン押下により日々の生活リズムの確認と認知症の早期発見につなげます。本体装置には人感センサ、照度センサ、温度センサが内蔵されており、異常状態の見守りを行うと共に生活状況のモニタを行います。カメラではなく、人感センサを用いることでプライベートの保護を行いながら、生活状況の把握が可能となります。又、起床時におはようボタンの押下、食事の後にはごはんボタンの押下を行うことで、生活リズムの記録を行います。

熱中症予防



高齢になるほど暑さに対して鈍感になる一方、体力は落ちてくるため、熱中症に対して特に注意が必要です。高齢になると冷房に対して否定的な考えを持つ方も多く、冷房を付けるタイミングが遅れる場合が多々あります。アイシルは温度センサを内蔵し、熱中症の可能性が高くなった場合に音声による冷房の促しメッセージを出力し、熱中症予防を行います。

服薬管理機能



アイシルを使えば効率的に服薬の管理が可能です。声掛け機能が搭載されており、薬の飲み忘れを防止することができます。アイシルのボタン操作を行うことで薬の飲み忘れ・過剰摂取等のデータ収集分析を行います。このボタン操作(何度もボタン押下等)を解析することで認知症初期段階見極めの一つの要因とすることができます。

食事管理



ごはんボタンを押すことで食事摂取の有無、摂取時間が記録されます。規則正しい食事の摂取を促すことで生活リズムの安定を図ります。又、ボタンの押し間違いや押し忘れを記録することで認知症初期段階見極めの一つの要因とすることができます。

認知症予防訓練



定期的に脳トレや体操を行うことで規則正しい生活を維持し、認知症の発症、進行を防ぎます。アイシルは、音声による声掛け機能を搭載し、脳トレや体操の実行を促します。又、日替わりの健康や認知機能に関するワンポイント情報を音声メッセージでお知らせします。

クラウドによるユーザインターフェース



パソコンやスマフォのブラウザを用いることにより、いつでも、どこからでもクラウドデータにアクセスが可能です。レスポンシブデザインを採用しており、スマフォからでもストレスなく、直感的な操作が可能です。

過去と現在データの違いを判り易く表示



見守りによる生活状況把握と認知機能の変化をご確認出来ます。日々の生活状況とボタン操作状況の集計をグラフで表示し、3か月・半年・1年…過去と現在のデータを簡単に比較することができます。気付きづらい小さな変化を可視化することで認知症の進行状態を把握することができます。

見守りプラス認知のアイシル活用例

一人暮しの高齢者を持つ家族様の場合

『見守りプラス認知のアイシル』を導入することで、一人暮らしの高齢者様の見守りを行いながら、認知症の早期の気づきを実現することができます。実家から離れて暮らす子供家族は、親御様の生活状況やMCIの進行度合いの把握が可能となります。一方、一人暮らしの高齢者は生活リズムの維持、服薬管理、脳トレや体操を行うことで、認知症発症リスクを削減します。 クラウドシステムでは、高齢者の活動量の推移や、薬の飲み忘れ、ボタンの押し忘れ等の状況が判りやすく表示され、子供家族が異常に気付いた場合は、連絡を取るなどのきっかけづくりを行います。『見守りプラス認知のアイシル』は単に見守りや認知症の早期発見を行う装置ではなく、離れて暮らす親子の絆を深めてもらうコミュニケーションツールの一つとして機能します。

高齢者介護施設、ディサービスの場合

訪問介護員、ケアマネージャー様の負担軽減と付加価値を提供します。『見守りプラス認知のアイシル』を、訪問時間外の生活状況の確認や訪問担当員間の生活状況情報の共通把握ツールとして使用します。アイシルの音声による服薬・食事管理によって、薬の飲み忘れ防止が期待でき、訪問時間の削減につなげることができます。お薬ボタンやごはんボタンの操作状況をクラウド画面から確認することで服薬忘れやご飯の不食に電話連絡を行い、服薬や食事を促すことが可能となります。

自治体における認知症対策の場合

認知症予備軍である軽度認知障害(MCI)の高齢者は2025年には700万人に達すると推定されています。要介護になり施設入所すると利用費は、最低でも一人当たり月額27万円と言われています。認知症を早期発見することで、高齢者の社会保障費や介護保険費にかかっていた費用も大幅に削減できます。

企業・団体様向け見守りサービスのご提供の場合

現在、親の介護の為に離職する人が増加しています。離職者にとって再就職はかなり難しいと言えます。また、企業にとっても貴重な人材(人財)を手放すことはかなりの損失になります。介護する必要のない環境を作ればこの問題は解決されます。親の元気なうちから子も親の健康に気遣っていかなければなりません。見守り・認知症初期段階見極めシステムの導入を福利厚生の一環として企業・団体様にご提案いたします。

ご利用されているお客様の声

日中はデイサービスや訪問介護を受けていますが、夜間は一人になるので心配でした。離れて暮らしていても、携帯(スマホ)でいつでも確認できるし、異常の際はメールがくるので安心できました。

見守りや声掛け時間の設定も細かく設定できるので、母の生活に合わせて声掛け機能や見守りが利用できます。薬を飲んだか確認する声掛けがあるので飲み忘れが少なくなりました

施設入所も考えなくてはいけないなあと思っていた時に担当のケアマネさんから紹介してもらいました。離れて暮らしていても、人感センサのグラフを確認すると、母の大体の生活状況が想像でき安心です。

認知症なので室温の管理が出来ません。異常通知が来たら、出先からでも エアコンをつけるようにや窓を開ける ように電話が出来るので便利です

認知症もだいぶ進行しているので、ボタン操作は正直出来ないと思っていました。はじめは出来なかったボタンを押すことが、家に行ったときに一緒に操作をしたりしていたら、1ヶ月ぐらいたったころから徐々に押せる頻度が増えてきました。

利用料金

よくあるご質問

A.モバイルルータがセットになっています。インターネット工事無しでご利用いただけます。
(モバイルルータ無しオプションもございます。)

A.最大8件まで登録可能です。それぞれに、起動通知、連絡通知、見守異常通知、定時の状況通知のオフ/オンが設定可能です。

A.パソコンやスマフォを使って、アイシルに直接ネットワーク接続して設定を変更することが可能です。又、離れた家族の方はクラウドサーバにアクセスすることで設定変更が可能です。

A.端末からのデータ及びクラウドシステムの通信もSSLで暗号化されています。又弊社は一般財団法人日本情報経済社会推進協会(http://www.jipdec.jp)認定の『プライバシーマーク』取得企業で情報の管理もご安心頂けます。

お申し込み・お問い合わせ

お電話によるお申し込み、お問い合わせ

午前9:00 ~ 午後5:00(土・日・祝日、お盆、年末・年始、ゴールデンウィークを除く)
番号お確かめの上、おかけ間違いのないようお願いします。

フォームによるお申し込み、お問い合わせ

以下のボタンからお申し込み、お問い合わせ情報を入力下さい

■お申し込みタイプ
■お名前
■ふりがな
■郵便番号(半角数字で記入して下さい)
■ご住所
■電子メールアドレス
■電話
■連絡事項 任意アイコン
■個人情報の取扱いについて


※このページでは入力内容を送信いたしません。データ入力後、内容確認のページに進んで下さい。





㈱アイトシステムへのリンク

ページのトップへ戻る