アイシル活用例を解説します。|『見守りプラス認知のアイシル』

見守りプラス認知のアイシル活用例


一人暮しの高齢者を持つ家族様の場合

『見守りプラス認知のアイシル』を導入することで、一人暮らしの高齢者様の見守りを行いながら、認知症の早期の気づきを実現することができます。実家から離れて暮らす子供家族は、親御様の生活状況やMCIの進行度合いの把握が可能となります。一方、一人暮らしの高齢者は生活リズムの維持、服薬管理、脳トレや体操を行うことで、認知症発症リスクを削減します。 クラウドシステムでは、高齢者の活動量の推移や、薬の飲み忘れ、ボタンの押し忘れ等の状況が判りやすく表示され、子供家族が異常に気付いた場合は、連絡を取るなどのきっかけづくりを行います。『見守りプラス認知のアイシル』は単に見守りや認知症の早期発見を行う装置ではなく、離れて暮らす親子の絆を深めてもらうコミュニケーションツールの一つとして機能します。

高齢者介護施設、ディサービスの場合

訪問介護員、ケアマネージャー様の負担軽減と付加価値を提供します。 『見守りプラス認知のアイシル』を、訪問時間外の生活状況の確認や訪問担当員間の生活状況情報の共通把握ツールとして使用します。 アイシルの音声による服薬・食事管理によって、薬の飲み忘れ防止が期待でき、訪問時間の削減につなげることができます。 お薬ボタンやごはんボタンの操作状況をクラウド画面から確認することで服薬忘れやご飯の不食に電話連絡を行い、服薬や食事を促すことが可能となります。

自治体における認知症対策の場合

認知症予備軍である軽度認知障害(MCI)の高齢者は2025年には700万人に達すると推定されています。 要介護になり施設入所すると利用費は、最低でも一人当たり月額27万円と言われています。 認知症を早期発見することで、高齢者の社会保障費や介護保険費にかかっていた費用も大幅に削減できます。

不動産オーナ様の事故物件対策の場合

賃貸物件のオーナ様にとって事故物件への対策は重要な問題です。 孤独死で発見が遅れ、室内設備の簡単なクリーニングでは現状回復が困難となった場合、原状回復費用が100万円を超える場合も多々あります。 孤独死の場合、自殺と異なり、連帯保証人に対する逸失利益の負担は否定される場合があります。 事故物件対策としてアイシルを用いることで、通常の見守りに加えて認知症の早期の気づきを行うことにより、前もって対策を行うことが可能となります。

企業・団体様向け見守りサービスのご提供

現在、親の介護の為に離職する人が増加しています。離職者にとって再就職はかなり難しいと言えます。 また、企業にとっても貴重な人材(人財)を手放すことはかなりの損失になります。 介護する必要のない環境を作ればこの問題は解決されます。親の元気なうちから子も親の健康に気遣っていかなければなりません。 見守り・認知症初期段階見極めシステムの導入を福利厚生の一環として企業・団体様にご提案いたします。






㈱アイトシステムへのリンク

ページのトップへ戻る